中小企業の協同化のしおり

なぜ中小企業に組合が必要か

 中小企業は、一般的に規模が小さく、大企業に比べ資金調達力や情報収集能力、人材や信用力の不足等、事業活動を行ううえで幾多の課題を抱えています。
 さらに、最近の情報化の発展、消費者ニーズの多様化・高度化、規制緩和の進展、エネルギー・環境問題などに大きな影響を受けており、これらに対応するため事業領域の再検討や事業転換の必要性に迫られるなど、一段と厳しい環境に直面しています。
 中小企業が、このような厳しい環境に対応して発展していくためには、各社の自助努力がもちろん必要ですが、個々の力には自ずと限界があります。
 このような大きな問題に取り組むには、同業種あるいは異業種により組合を組織し、中小企業者が力を合わせていくことが最も効果的な方法です。

組合をつくる効果としては、

  1. 取引条件の改善、販売促進、資金調達の円滑化、情報・技術・人材・マーケティング等の経営ノウハウの充実、生産性の向上等により経営の近代化・合理化を図ることができる
  2. 業界のルールの確立、秩序の維持ができ、メンバー企業の経営の安定と業界全体の改善発達を図ることができる
  3. 中小企業者の個々の意見や要望事項を組合でまとめることにより国等の施策に反映させることができるとともに、組合を通じて、多くの中小企業施策を利用することができる

ことなどが挙げられます。